明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

伝記の読み聞かせ、その後

伝記の読み聞かせをはじめて、しばらく経ちました。
最近、定着化しています。
寝る前に、読み聞かせをしています。
だいたい、1冊か二冊と決めています。
以前は何冊も何冊もという時期があったのですが。
さすがに大変なので、閉店時間をもうけています。
絵本は二冊までよと。
たまにもう少し読む日もありますが。


子の選んだ一冊と、伝記1話が、最近の定番です。
短い伝記なので、苦にはなりません。

決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 (決定版101シリーズ)
決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 (決定版101シリーズ)
講談社


・本当に生きていた人
というのが、強い関心になっているようです。
コラムで写真や絵で、自画像が見れるのもよいようです。


福沢諭吉を読んだ時は、「一番強いお金の人!」って、すぐに気づいてくれました。
お金の価値はいまいち分かっていないような気がしますが。
夏目漱石と、福沢諭吉は、覚えています。
すごい六歳です。親バカかな。


福沢諭吉は「学問のすすめ」を書きました。
お勉強したから、強いお金に描かれたんだよ。
お勉強は大事だねって、みんなに気づいてもらうためだよ。
と説明しておきましたが。苦笑
私なりの苦しい説明です。


伝記は、やはり読み聞かせによいという気がしています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。