明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

目をつぶってピアノ練習。幼児の作曲?

今日は、音楽教室の日でした。
まぁ、いつも通りの悪ふざけなどもありましたが。


完璧主義からの癇癪を起こすこともなく。
みんなの前で、仕上げの曲の発表(7人の前で)も、一番最初に挙手して、立派に演奏できました。パチパチ、ご立派♪
つまづきそうになったのは。四小節ある曲の二小節だけできればOKなところを。先生が四小節弾いたものだから、パニックになり・・・。パニックモードに突入しそうになりましたが。なんとかこらえました。
(今、怒ったら、イエローカードだよ。といったら、感情がダウンしました。彼には色のイメージは伝わりやすい様子です。)


発達障がいの診断を受けてから、ピアノの先生にはそれを伝えてありましたので。
席のこだわりや、おふざけ、かんしゃく(完璧主義からの)は、理由があってのことだと理解していただけたようです。
幼児がいれば、他にもグレーっぽい子もちらほらといますので。
先生が、柔軟に受け止めて下さった。という事が、母としてはなにより有難いことでした。
診断の有無にかかわらず、子どものあるいは個性的な子が混ざっていても、音楽教育しつつ集団をきちんとつかむことのできる先生です。かなりの力量を感じます。


先日から、変わったピアノ練習をしていて。
変な癖がついてもいけないのかな?と思い。
今日は、少し時間をいただいて質問しました。
目をつぶって、弾かせてみたら、けっこう集中して弾けるのです!不思議。
それについて質問してみました。


うちの子は聴覚過敏があります。
音を聞き分けるのが得意っぽいです。
音楽を聴いていて、楽器を聞き分けたり、鳥の鳴き声から種類を当てたり。
(遠くを走っている)電車の音から、普通か特急かなど、聞き分けたりできます。
ちなみに、電車の場合は通過スピードが違うので、聞き分けは夫もできるらしい。
エンジン音で、車の聞き分け(普通か、軽か、郵便車かクロネコかなど)もできます。
トミカ、働く車は大好きですが、なぜか、車種や社名には興味が薄く。そこまでの判別はできませんが。


聴覚過敏がある反面。ADHDの特性から、聞き間違いも多くなってきています。
話していると、母音が消えて、子音だけが聞こえている。
例「さき(i)行くね。」と言ったら、「さい 行くね。」と聞こえるみたい。
なぜか、そういう類の聞き間違えが頻発しています。


大勢ががやがやしているなかでの、一斉指示も聞き取れないので。
ふざけてしまったり。(放棄してしまう。)
ストライキしてしまう。(まま、だるい。まま、お腹痛い。など)


目をつぶって弾かせてもよいか?という問いに対して。
先生の答えはOK!。
弾いてくれたり、弾きやすいなら、よいですよ。とのこと。
母があれこれ工夫していることを認めて下さって。泣
しかも、盲目のピアニストである。辻井信行さんの名前まで出してくれました。
(ちなみに、私はピアノが弾けません。)
しかも、ピアニストも。結局は、弾いている時は楽譜も鍵盤も見てないし!といってくれました!先生、すごい!感動!


さらに、発達テストの結果を見せてもらえたら。
先生なりに、工夫できるところは工夫しますとおっしゃって下さって。
なんともかとも、有難い事です。


目を閉じさせたきっかけは。
ゆっくりなら弾けるのに、どうしてもCDに合わせると遅れてしまって、かんしゃく!
目を開けていると、鍵盤を見つめて探してしまったり。
教本のカラフルな絵に目を奪われてしまったり。
足をぶらぶら、ガサガサして、弾くのが遅くなったりしますが。
試しに目を閉じさせたら、落ち着いて弾けた!
鍵盤の位置がわからないようで、戸惑うことはありましたが。
目を閉じてた方がましです・・・。

THE BEST
THE BEST
avex CLASSICS
2014-11-26
ミュージック
神様のカルテ ~辻井伸行 自作集
神様のカルテ ~辻井伸行 自作集
avex CLASSICS
2011-07-27
ミュージック


先生から、驚くべき提案がありました。
さすが、音楽教室・・・すごいぜ。
うちの子、自宅で歌っていませんか?(歌っているでしょう?と。)
子どもの作曲コンクールがあるので、是非だしませんか?と・・・。
母はポカン。
作曲なんて、ずーっと後のことだと思っていました。


確かに、うちの子、自宅ではずっと歌っています。(保育所では歌わないらしいが。)
保育園のお歌。
ピアノ教室のお歌やドレミ
DVDのお歌。
TVで聞いた曲やCMのフレーズ(意味不明なタイミングで再生される)
自作のお下劣な歌・・・うんこ、しっこ、おなら、くさいとかの歌詞で!


この自作の歌・・・というか。
歌詞は無視して、メロディーを右手で。左手は合いそうな和音を合わせるらしく。
とりあえず、よさそうな歌(メロデイー)や鼻歌を歌っていたら、動画で押さえて提出することになった・・・。母、デキルかな。ドキドキ。
先生が耳コピして、一緒に作曲してもらえるらしい・・・。すごいぞ。ほんとかな。


あまり気負わず、気分の良い時やお散歩できた時に、リクエストしたら鼻歌も歌ってくれるかもしれない・・・。電車の歌とか。鳥の歌とか。なんだかおもしろそう。
ちょっと、めんどうだけど。でも、おもしろそう・・・。
幼児・作曲とかで、検索したら。難しいことばっかりでてきたーーーー。
無知な母は、もう検索しないことにしました。


子育ての夢。希望。醍醐味・・・。
一生懸命に尽くしても、返ってこないと怒ることもあるけど。
でも、結局は、母と子は別人です。
一緒に楽しめるうちは、一緒にやってみよう。なんでも。と思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。