明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

生きてカサンドラ自助会に参加したい

人は生きねばならぬ。
 鳥は飛ばねばならぬ。
 出典はわかりませんが。職場の壁に貼られている言葉です。
 胸に迫るものがありますよね。


 先日、ぼーっとしていたせいか。
 初めて踏切内に取り残されるという体験をしました。
 希死念慮とかではなくて。
 (そういう感覚、思いを経験したこともあるのですが、それとは全く違います)


 自転車通勤をしているのですが、保育所のお迎えの時間があるので急いでいました。踏切が鳴っていたのにも気づかず!あんなに大音量で鳴っているのにです。踏切内に侵入してしまい。踏切が降りてきて通せんぼ状態で停車。あれ?とそこでやっと気づいて、自転車を倒して踏切の向こう側へ引きずって脱出しました。
 焦りました!


 幸いに電車が通過するまでの時間が長いので、大事には至りませんでしたが。完全なる不注意からくることだと思います。
 自分でも、びっくりして笑ってしまいました。
 踏切で取り残されるのは認知症の人だけかと思っていたので。
こういう不幸というか、生活苦がある状態は、やっぱりヤバいんだなと実感しました。間違って(不注意で)死ぬタイプなんだ。私は。と思いました。


ここのところカサンドラの自助会に参加できておらず。
心の充電が不足ぎみです。でもしばらくは参加できそうにありません。
生きて参加するのが夢です・・・。


ひとりじゃない。仲間がいることを知れることは、生きる力になります。
会の迷っておられる方もいることでしょうが。
是非お勧めします。
何かが動き出すと思います。
主観ですが、参加できる人、つまり、会までたどり着いた人はサバイブ出来る可能性が上がっていると思います。あまりに精神状態が悪いと、身体の状態も悪化してきて。参加困難になると思います。考えすぎないで、まずは参加してみることも大切かと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。