明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

本田宗一郎とHONDA

うちの子、気づきが良くて。
それに気づく度に、天才!って心の中で言っています。
親バカですね。


先日から伝記を読み聞かせしています。
子ども用なので、短時間でなかなか深い味わいが楽しめるので。
やっぱり、伝記はいいのかもしれないという実感があります。


コロンブスのお話では、「ブス」に大うけで、大笑い。
「コロン・ブス、コロン・ブス~~~。」って爆笑していました。
お子様です。幼稚なことが大好きです。
NHKで大流行りの、おしりたんていも大好きです。


はい。本題です。
本田宗一郎のお話を読んだときです。
私は、それほど気負いなく読んでいたのですが。
息子は、好きなようです。何度も読みをせがまれました。
車や、電車が好きなので、気に入ったのかもしれません。


今日の夕方のお迎えの時に、HONDAと書かれたTシャツを着た子どもがいました。
思わず私が、「HONDAの服着てるよ~。」と言ったら。
「知ってるよ。うちの車もHONDAやろ。」っと、クールに言いました。
正解。うちの車はHONDA社です。
でも、伝記の本田宗一郎とうちの車を連想できたってことが、驚きで!!
天才!って思いました。


ちなみに車は好きで、トミカも山ほど持っていますが。
車よりは、どちらかというと電車好きです。
車の種類には詳しいですが、車種の興味はないのです。
幼い時に、道路標識に凝っていた時代があり、その時はエンブレムを指さしてなんども尋ねられましたが。一通りの車種は教えましたが。
いまだに、エンブレムに興味をもつ様子はなくて。
ベンツやBMWとか、目立つものでもわからないのでは?と母は思っていますが。
そう思っているのは、母だけで実は全て知っているのかもしれませんが。
知っていても、興味がないとアウトプットしてくれないので、わかりません。


子どもの才能を信じないのが、バカな親。
子どもの才能を信じているのは、親バカ。親バカでいい。
子どもの才能を伸ばす環境を整えることが、親の役割だと思うのです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。