明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

散髪について

散髪について振り返りたいと思います。
赤ちゃん時代は毛が薄く、散髪は不必要でした。
二歳児くらいまでは散髪せず、だんだん長髪に。
私は女児希望していたため、あえて長髪にしていました。
機関車トーマスのTシャツに、長髪でした。笑
ロングになるにしたがい、保育所の先生方や、お母さん達が不審がることも増えてきて。
保育所には、パソコン書きの理由書を提出しました。


心無い・・・お母さんには、オカマになったらどうするの?とも言われました。
(後々、女の子のスカートがはきたいと言われて、若干後悔しましたが。それでも、いいのです。悔いはありません。)
日々に疲弊しすぎて、放置っぽかったというのもありますが。
パトカーや消防車のボタンを探して、髪ゴムを作ったりもしました。
男の子の髪ゴムってないもんです。それなりに楽しんでいました。


子どもは一人っ子になりそうだと思っていたので、どうせなら長髪にして髪結いを楽しんでしまおうという気持ちもありました。
顔がかわいらしく小顔だったので、外出時はよく女児に間違われました。
パーソナルカラーは赤にしていたので、ますます女の子っぽかったと思います。
今思えば、多動で目が離せないので、いつも赤い服を着せていたという事情もあります。
赤を着せていたら安心という気持ちが、なんだかありました。
運転手が気づいてくれて事故にあいにくそうという思いはありました。
衝動的に、急に飛び出してしまうため。


結局、プールがはじまり。
先生方の手を煩わせたくないという気持ちと、男顔になってきたので、言動と髪型が似合わなくなってきたので散髪しました。
家計にやさしく、理容室にはいかずに自宅でカットしました。
裸にして、風呂場ではさみでカット。髪の毛がチクチクすると大騒ぎしながらもカットしていました。毛量が増えてきたことと、お教室に通いはじめて、恰好のよい散髪をしてあげたいと思い理容室にいきましたが。
前髪だけしかきれず。たしか、四歳頃かな。
首回りが敏感すぎて、なだめすかしても笑ってばかりで結局切れず。
怒りの足で、そのままバリカンを購入してきて、自宅の風呂場で切っています。
はじめはほめて、なだめすかしながら。
次第に、耳切れるよ!動かない!と注意しながら。
毎回、なんとか切れている次第です。
頑張って短時間でカットしています。
適度に短期の休憩をこまめに入れます。
ここがすんだら休憩ね。と。
そうすると、襟足や耳の近くにT字剃刀を入れることもなんとかできます。
首筋は難易度たかいのですが。なんとかかんとか。


児童精神科の先生から言われたことで、気が楽になりました。
高学年くらいになり、他の子の髪型がカッコイイと思うようになれば、本人から理容室行くといいだすはず。それまでの辛抱ですと言われました。
それまで、それまで。


そろそろ散髪したいのですが。
だいぶ前から(二週間くらい前)予告しておき、毎日、今日はどう?じゃ、明日は?とお伺いを立てて、本人の同意が得られたらやっとできます。
覚悟を決めてくれたら、一応、渋々ですが協力してくれます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。