明日もある !凸凹家族

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

カサンドラ自助会参加

 

久しぶりに、カサンドラ症候群の自助会に参加してきました。
帰りの出口を見上げた瞬間!気分が上がった!


いってらっしゃいませ。
素敵な人生を


と受け取れたから。
素敵な一日を。の部分が、素敵な人生を。に読み替えるくらい良い気分でした。


自助会を主催して下さっている方に、本当に感謝しています。
一期一会の出会いの場所で。もう二度と出会えないこともある人と。
同じような境遇で、共感できること。
初めてあったのに、気持ちがすごく通じること。
仲間がいるんだという気持ちは、私の心の支えです。
本当に、有難い事です。


私のカサンドラ症候群は、かなり回復中だと思います。
夫の行動パターンの観察と、分析がすんでいて、かなり対応策も試行錯誤だけれど、進んできている。私自身の気持ちの持ち方から、距離感の測り方、等々。現在は、家族としてどのようにするのがベターか?実践中というところです。
夢は、カサンドラの妻のハウツー本を出版すること!
どこかから、声がかからないかなーと棚ボタ待ってます^^
カサンドラの自助会を、自分ですることも夢のひとつなんですが・・・。


それにしても、様々な年代の方が参加するので、かなり参考になりますが。
私を含め、子育て世代のカサンドラの生活は、本当に苦労苦労、苦痛苦痛・・・。
赤ちゃんいて、幼児がいて、さらに手がかかる変人の夫が居る・・・。
居ない方が、生活がスムーズに行くのにね。


常々、私はなぜ彼と離婚しないのか?と自問していました。
彼が憎めないから。
彼が好き?だから。
彼を見はなす罪悪感?。それも多少はあるかも。
彼は悪くない、、、アスペルガーが悪い?
持家があるから、お金の問題・・・。
長年答えは出ませんでしたが。いまははっきりと言えます。
私の人生で、こんなにどうにもならないくらい大変なことが無かった。夫も子どもも、自分自身も障害持ち!これを人生で引き受けるしかないでしょうという気持ち。こんなに大変なことだけれど、人生のお味噌みたいな感じで、必要なものかもしれないという感じ。
これを引き受けることで、私の人生に深みがでる、徳があがる、つらい経験をした分、他人のつらさもわかる人間に成長できるはず。年取った時の笑い話のネタにもなるし、こんなにすごい経験させてくれてありがとうという感じです。人に助けてもらうことも、こんなことがなければなかったと思うし。感謝、感謝です。
夫との関係も、心の在り方が変わったので、暗闇から抜けた!っていう感覚があります。
現実はほんの少ししか変わっていませんが、心の位置の在り方って、大切です。
依存しないで、ある意味、お互いが自立、自律した存在でいること。これって、理想的!って思うようにしています。
もちろん、一緒にいるのに一人という事は寂しいのですが。
関係性の障がい持ちなので、私達なりの距離感や家族の在り方を、卑屈にならずに健康的な心の状態で模索することが大切なのだと思います。


いろんな時期のカサンドラがいると思いますが。
どのようなあなたでもOKだと私は思います。
夫はATMでもOK。
夫が嫌いでもOK。
夫と別れる、もちろんOK。幸せになれます!
夫と別居、もちろんOK。
夫再婚、それもOK。
なんでもOKです。


ただ、あなたは間違っていない。
夫も正しい、でも、あなたも正しい。
あなたは間違っていない。
そのままのあなたでいい。
そのままのあなたを、一番大切にしてください。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。