明日もある

カサンドラ症候群です。自閉症スペクトラム、ADHDの子ども育児について綴っていこうと思います。

子どものガス抜き先を探す

昨日、虐待電話相談ダイヤルで、「子どもの発散先がないのでは?」と言われて、気が付いた。そこでは、プレイセラピーという言葉をはじめて知った。遊びを通して、子どもが発散できる場らしい。具体的には心理系大学院などで有料で実施しているそうで。
お金も時間もないので、現実的には無理だなと思った。


なので、今日は早速あちこちに電話してみた。
私のADHDぶりは、こんな時に発揮される。
勢いで、色々と行動出来ちゃう性格。
仕事を終えてから、20分ほどでカタがついた!


★まずはペアレント・トレーニングの受付窓口に電話してみた。NPOだが、色々と情報をもっていそうなため。
①放課後デイがよいのではないかと思って電話してみたら、小学1年生からしかだめらしい。
②そこで、役所の福祉課へ電話することと。
③障害者支援センターっぽいところ(大人も、子どももOKらしい)への電話を教えてもらった。


★つぎに、役所の福祉課へ電話した。担当者がいたため、話が早かった。
①放課後デイサービスは、やっぱり小学生からが対象とのこと。
②ショートステイは、うちの子は嫌いなので却下。
③役所が行っている療育は、療育手帳が必要。
うちの子は、療育手帳はでそうにないので、まず利用できない。
さらに、年度途中であることと、集団(社会性の指導のため)らしいので、適さない。
集団だと過剰適応となり、ガス抜きできない。
④児童養護施設でのプレイセラピーを案内される。
でた!でた!でた!プレイセラピー。
しかも、私の相談先である養護施設でやっているらしい!ナイス!
しかも、対象者だと無料らしい!ナイス!


★役所から電話するように言われたので、なじみの児童養護施設へ電話する。
ここでもラッキーなことに、担当者が対応してくれて、話が早い。
結局、予約の都合などもあるので返事待ち状態となる。
(どうやら、利用している人が多いそうで。)
(子と母の担当者を別にすることが、基本らしい。信頼関係構築のために。)


他にもガス抜き、なにかあるかな・・・。
褒められる親子でできるボランテイアとか・・・。かな。
夫が実家に置きっぱにしている、ボクシングミットを自宅にもってきた。
たまにやるけど。ミットじゃないところを叩くから。嫌になってくる。
カウンセラーに話すと、母じゃない人でのガス抜きが良いらしい。
なるほど。
いい発散先がみつかるといいのにな。
気付かず、子どもに悪い事をしていたなと思った。

edunamay 親子 で 練習 ボクシング セット ミット グローブ (赤)
edunamay 親子 で 練習 ボクシング セット ミット グローブ (赤)
edunamay
スポーツ&アウトドア



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。